1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350         制作その7(前後輪ドラムブレーキ)

1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350(タミヤ)
02 /25 2024
今回は前輪、後輪のドラムブレーキ基部のディテールアップに取り組みます。形状はそれっぽく作っています。(多少資料は眺めています)ここを乗り越えればいよいよパイピングにと思いましたが、最後の難関、ハンドルのスイッチ類が残っていました。こちらは次回です。(シフトレバーの制作と同時進行で進めましたので、写真が前回のブログと進み具合と多少ずれているものもあります。)
【前輪ドラムブレーキ】
ドラムブレーキに付くレバーの軸を取り付けます。
IMG_0009_(2)_convert_20230427182112.jpg
レバーを取り付けます。
IMG_0010_(2)_convert_20230427182127.jpg
★後から資料を眺めたら取り付け位置が少し前よりだったので位置を修正することにしました。
IMG_0013_(2)_convert_20230429080659.jpg
★ワイヤーの受け部を伸ばしランナーの輪切りでそれっぽく付けて完成です。
IMG_0015_(2)_convert_20230429080714.jpg
【後輪ドラムブレーキ】
IMG_0007_(2)_convert_20230427181951.jpgIMG_0005_(2)_convert_20230427182041.jpgIMG_0006_(2)_convert_20230427182028.jpgIMG_0008_(2)_convert_20230427182053.jpg
後輪のドラムブレーキレバーとブレーキペダルを金属棒で連結します。
IMG_0009_(2)05062_convert_20230506125542.jpg
【エンジン本体パイプ受け部】
写真が前後しますが、エンジン本体の受け部も金属パイプで取り付けておきます。
IMG_0014_(2)_convert_20230429080727.jpg
【車体完成】
ちまちまと進めてきた車体の制作がとりあえず完成しました。こんな感じになりました。
シフトレバーのノブ部はまだ接着していません。
IMG_001105062_convert_20230506125559.jpg
【次回の制作工程は・・・】
今週は15度を越えびっくりしたと思ったら、翌日から4日連続真冬日に。
体がついていけません。
次回はハンドル周りの制作を進めていきます!もう少しです!!
【今までの1/35ドイツ DKW NZ350(タミヤ)の製作記事はこちら】
【過去の製作記事一覧はこちら】
      1/35 DKW NZ350(タミヤ)制作途中/バッテリー基部 2024.2.18更新
  ⇒新年夢想(2024年 2024.1.1更新
  ⇒1/35 マーダーⅢH型(イタレリ)(制作途中/スプロケッド&リア 2023.12.17更新
  ⇒タイガーⅠ型後期型(制作途中/フィギュア 戦車兵塗装完了 2023.8.27更新
      クーゲルブリッツ(制作途中/車体完成段階 2023.1.15更新
  1/35キングタイガー(タミヤ(制作完了🚩 2023.1.15)
  ヤークトティーガー(制作完了🚩 2023.1.8
  1トンハーフトラック&37mmPAK(制作完了🚩 2022.12.11
  ⇒T34/76チェリアビンスク(制作途中/戦車長ヘッドギア塗装 2022.9.25更新
  ⇒SU76-M(制作途中/砲手、ローダーのヘッドギア塗装段階 2022.9.18更新 
  T34/85(制作完了🚩
★FC2ブログランキングに登録しています!★ 
気に入りましたらクリックしてください!
  ↓↓    ★これからも地道に制作を進めます。気長にご覧いただければ嬉しいです
     ★★★ブログ閲覧者数が「4300」を超えました!ありがとうございます!!★★★
スポンサーサイト



1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350         制作その6(バッテリー基部&シフトレバー)

1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350(タミヤ)
02 /18 2024
さらに車体右側面のディテールアップを進めます。まずはバッテリーのプラグを追加します。バッテリーなので2極あるのではないかと考え、もう一つの極のプラグを付けます。(初めからやればよかったです)次にシフトレバー(たぶん)がタンクにピタッとくっついていて、レバー突端の丸いグリップも立体感に乏しいのでレバーとグリップを改めて制作しました。結構手間がかかりました。
【バッテリーコード基部の追加】
IMG_0003_(2)_convert_20230421154807.jpg
ピンバイスで穴を開けます。
IMG_0010_(2)_convert_20230421154838.jpg
コード基部の金属パイプが通るか確認します。
IMG_0011_(2)_convert_20230421154849.jpg
金属パイプをカットします。エナメル線を通してカットすると金属パイプの穴がつぶれません。
IMG_0013_(2)_convert_20230422143716.jpg
瞬間接着剤で取り付けます。(エナメル線は取付用です)
IMG_0014_(2)_convert_20230422143729.jpg
バッテリーの2極ができました。(本物がこうなっているかは怪しいです)
IMG_0016_(2)_convert_20230422143740.jpg
【シフトレバー】
キットの状態
IMG_0003_(3)_convert_20230421155143.jpg
レバーを削り取った状態
IMG_0012_(2)_convert_20230421154859.jpg
シフトレバーをプラバンを細切りして接着します。
IMG_0032_convert_20230427180529.jpgIMG_0033_(2)_convert_20230427180543.jpg
IMG_0001_(2)_convert_20230427180600.jpg
実物のシフトレバーは金属板のスリットの中に納まります。
スリット部分の隙間を再現するためにスペーサーとしてプラバンを挟み込むことにします。
IMG_0002_(2)_convert_20230427180614.jpg
隙間部分のプラバンを削って整形します。
IMG_0015_(2)_convert_20230429080714.jpg
シフトレバーの外側の部分をプラバンで接着します。
IMG_0016_(2)_convert_20230504172830.jpg
できる限り薄く整形します。こんな感じになりました。
オーバースケールだと思いますが、スリットができていて自己満足です。
IMG_0019_(2)_convert_20230505172024.jpgIMG_0020_(2)_convert_20230505172034.jpg
接着剤で表面を均しているうちに元々の下のレバー部分が溶けてきてしまったのでプラバンを接着し、伸ばしランナーの輪切りで留め部分を再現します。
IMG_0022_(2)_convert_20230505172046.jpg
【エンジン部分のディテールアップ】
キットの状態にシフトレバーとエンジンのジョイント部分を作ります。
まずはエンジン部分のパーツをプラバンでそれっぽく作ります。
IMG_0003_(2)_convert_20230427180954.jpg
パーツを接着します。
IMG_0004_(2)_convert_20230427181021.jpg
さらにパーツを接着します。
IMG_0001_(2)_convert_20230506091510.jpg
最後に留め部を伸ばしランナーの輪切りで再現します。
IMG_0002_(2)_convert_20230506091527.jpg
シフトレバーとエンジンを鉄棒でジョイントします。
IMG_0002_(2)05062_convert_20230506125520.jpg
最後にレバーの突端につくノブ部を伸ばしたランナーを火で炙って制作します。
IMG_0018_(2)_convert_20230504172842.jpg
形を整えてシフトレバーに接着するのですが、今取り付けるとどこかに飛んでいきそうなので最期の最後に取り付けます。
【次回の制作工程は・・・】
前輪後輪のドラムブレーキ周りの制作を進めます。今週は春の陽気になりました。一気に雪解けが進んだのですが、来週はまたまた真冬日に。寒暖差が大きくて体がついていきません。
【今までの1/35ドイツ DKW NZ350(タミヤ)の製作記事はこちら】
【過去の製作記事一覧はこちら】
      1/35 DKW NZ350(タミヤ)制作途中/メーター枠他 2024.2.4更新
  ⇒新年夢想(2024年 2024.1.1更新
  ⇒1/35 マーダーⅢH型(イタレリ)(制作途中/スプロケッド&リア 2023.12.17更新
  ⇒タイガーⅠ型後期型(制作途中/フィギュア 戦車兵塗装完了 2023.8.27更新
      クーゲルブリッツ(制作途中/車体完成段階 2023.1.15更新
  1/35キングタイガー(タミヤ(制作完了🚩 2023.1.15)
  ヤークトティーガー(制作完了🚩 2023.1.8
  1トンハーフトラック&37mmPAK(制作完了🚩 2022.12.11
  ⇒T34/76チェリアビンスク(制作途中/戦車長ヘッドギア塗装 2022.9.25更新
  ⇒SU76-M(制作途中/砲手、ローダーのヘッドギア塗装段階 2022.9.18更新 
  T34/85(制作完了🚩
★FC2ブログランキングに登録しています!★ 
気に入りましたらクリックしてください!
  ↓↓    ★これからも地道に制作を進めます。気長にご覧いただければ嬉しいです

1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350         制作その5(フューエルキャップ&ホーン)

1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350(タミヤ)
02 /11 2024
フューエルタンクの整形が終わりましたので、フューエルキャップのディテールアップを行います。また車体側面に付くホーンを自作します。多少オーバースケールになりましたが、付けると付けないでは見た目が全然変わるのでがんばってみました。マフラーを装着するとバイクらしくなってきました。
【フューエルキャップ】
タンクにはキャップが二つ付きます。なぜ二つあるかは自分はよくわかっていません。
左側のキャップにはレバーと突起がついているのでそれらしく手を加えます。
★キャップを装着
IMG_0002_(2)_convert_20230416170448.jpg
★レバーをプラペーパーから切り出します。
IMG_0003_(2)_convert_20230416165750.jpg
★突起とレバーを接着しました。
IMG_0010_(3)_convert_20230416170042.jpg
【マフラーの装着】
インストどおりに二つのマフラーを接着します。
IMG_0014_(2)_convert_20230416164652.jpgIMG_0013_(2)_convert_20230416164641.jpg
【ホーンの制作】
キットではホーンが省略されています。ストックしているタミヤのオートバイセットのものを使うという手もあるのですが、完成後はフィギュアに隠れて見えなくなるのでそれっぽく自作します。
★それっぽいパーツ
MG34についている丸い部分がちょうどよかったので利用します。
IMG_0004_(2)_convert_20230421152606.jpg
★こんな感じで作りました。
まずホーンの裏側部分を削り出します。
IMG_0005_(2)_convert_20230421152617.jpgIMG_0006_(2)_convert_20230421152628.jpg
表側との間の段差(表裏の部品がかみ合わされる部分)をプラペーパーで再現します。
IMG_0007_(2)_convert_20230421152640.jpg
それっぽく丸く削り出します。
IMG_0008_(2)_convert_20230421152651.jpg
表側の部品をランナーから削り出して接着し、整形します。
IMG_0009_(2)_convert_20230421152704.jpg
手に取って整形するのが難しいので爪楊枝にさして整形します。
整形前
IMG_0017_(2)_convert_20230422143751.jpg
整形後
IMG_0018_(2)_convert_20230422143802.jpg
さらに真ん中の部品をプラペーパーから切り取って接着します。
IMG_0019_(2)_convert_20230422143811.jpgIMG_0020_(2)_convert_20230422143822.jpg
裏面の整形を行います。
IMG_0021_(2)_convert_20230423110330.jpg
こんな感じでホーン自体は完成です。
IMG_0030_(2)_convert_20230423110343.jpgIMG_0031_(2)_convert_20230423110355.jpg
【ホーンの取付】
取付用の支柱をプラバンを重ねて適当な厚さにして四角柱に切り出して接着します。
IMG_0034_(2)_convert_20230423110414.jpgIMG_0035_(2)_convert_20230423110429.jpg
車体に取り付けます。
多少?オーバースケールですが、いつもながら雰囲気で制作していますのでお許しください。
本当はスリットも入るのですが、自分にはそんなスキルはないのでスルーしています。
IMG_0039_(2)_convert_20230423110442.jpgIMG_0037_(2)_convert_20230423110454.jpgIMG_0038_(2)_convert_20230423110506.jpg
【次回の制作工程は・・・】
手が動くようになってきたのでさらに細かい作業を続けます。今週は晴れ間が多い分、放射冷却でマイナス10度を下回る日もありました。でも日中はプラス気温にもなり、日もだんだんと伸びてきました。ただただ嬉しい限りです。
【今までの1/35ドイツ DKW NZ350(タミヤ)の製作記事はこちら】
【過去の製作記事一覧はこちら】
      1/35 DKW NZ350(タミヤ)制作途中/メーター枠他 2024.2.4更新
  ⇒新年夢想(2024年 2024.1.1更新
  ⇒1/35 マーダーⅢH型(イタレリ)(制作途中/スプロケッド&リア 2023.12.17更新
  ⇒タイガーⅠ型後期型(制作途中/フィギュア 戦車兵塗装完了 2023.8.27更新
      クーゲルブリッツ(制作途中/車体完成段階 2023.1.15更新
  1/35キングタイガー(タミヤ(制作完了🚩 2023.1.15)
  ヤークトティーガー(制作完了🚩 2023.1.8
  1トンハーフトラック&37mmPAK(制作完了🚩 2022.12.11
  ⇒T34/76チェリアビンスク(制作途中/戦車長ヘッドギア塗装 2022.9.25更新
  ⇒SU76-M(制作途中/砲手、ローダーのヘッドギア塗装段階 2022.9.18更新 
  T34/85(制作完了🚩
★FC2ブログランキングに登録しています!★ 
気に入りましたらクリックしてください!
  ↓↓    ★これからも地道に制作を進めます。気長にご覧いただければ嬉しいです

1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350         制作その4(メーター&フューエルタンク)

1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350(タミヤ)
02 /04 2024
車体の貼り合わせが済んだのでディテールアップの手順を考えながら手を加えていきます。まずはスピードメーターの丸枠を取り付けます。キットではのっぺりとスピードメーターが丸く再現されていますが、実物はメーターに丸枠がついています。今回はその丸枠を追加します。またフューエルタンクの貼り合わせ部分もパテを盛って整形し、さらにフロントフォークと車軸のステイを追加します。
【キットの状態】
メーター部分、フューエルタンクともに貼り合わせの跡が残るので水ペーパーで均します。
IMG_0002_(2)_convert_20230415101358.jpg
パテを盛ります。
IMG_0007_(2)_convert_20230415100829.jpg
整形しました
IMG_0001_(2)_convert_20230415132527.jpgIMG_0002_(2)_convert_20230415132540.jpg
【メーター丸枠】
同時進行でメーターの丸枠を作っていきます。
メーターの枠の太さのプラパイプをわざわざ買うのももったいないので、ジャンクパーツから使えそうなものを見繕います。一つはなんとかなりましたが、もう一つ分が見つからないので、ランナーから切り出し、穴を開けて作りました。接着する前にもう少し肉厚を薄くしたいところです。
IMG_0003_(2)_convert_20230415101052.jpg
形を整えながら肉厚を薄くしていきます。
IMG_0004_(2)_convert_20230415100812.jpg
とりあえずこれで許してください。という感じにしておいて最終的にさらに削ります。
IMG_0007_(2)_convert_20230415132642.jpg
【フロントフォークステイ】
フロントフォークと車軸のステイを取り付けます。プラバンをそれらしくカットして取り付けます。
★キットのまま
IMG_0003_(2)_convert_20230415132552.jpg
★プラバンをステイらしくカットします。
IMG_0004_(2)_convert_20230415132603.jpg
★ステイを取り付けました。
IMG_0005_(2)_convert_20230415132614.jpgIMG_0006_(2)_convert_20230415132628.jpg
【メーター丸枠の取付】
丸枠の高さを低くしてから接着するのは至難の技なので、さきに丸枠を接着し、固着してからうすうす攻撃でそれらしい高さまで削り込んでいくことにします。完璧にオーバースケールですが、いつものように雰囲気で楽しんでいますのでご容赦ください。
IMG_0009_(2)_convert_20230415132704.jpg
★少しずつ少しずつ、気を付けながらうすうす攻撃を仕掛けます!
こんな感じに削ります。
IMG_0003_(2)_convert_20230416085924.jpgIMG_0005_(2)_convert_20230416085937.jpg
★流し込み用接着剤で表面を均して完成です。
自分にはこれが限界でした。
IMG_0008_(2)_convert_20230416085951.jpg
【次回の制作工程は・・・】
正月ボケも抜け、細かい作業にも集中して取り組めるようになりました!さらに細かい作業を続けます。昨日は節分、子供と一緒に豆をまき、手巻きで恵方巻を作って食べました。週初めの穏やかな天気に浮かれていたら一気に3日連続真冬日に。寒さはこれからです!
【今までの1/35ドイツ DKW NZ350(タミヤ)の製作記事はこちら】
【過去の製作記事一覧はこちら】
      1/35 DKW NZ350(タミヤ)制作途中/ヘッドランプ他 2024.1.28更新
  ⇒新年夢想(2024年 2024.1.1更新
  ⇒1/35 マーダーⅢH型(イタレリ)(制作途中/スプロケッド&リア 2023.12.17更新
  ⇒タイガーⅠ型後期型(制作途中/フィギュア 戦車兵塗装完了 2023.8.27更新
      クーゲルブリッツ(制作途中/車体完成段階 2023.1.15更新
  1/35キングタイガー(タミヤ(制作完了🚩 2023.1.15)
  ヤークトティーガー(制作完了🚩 2023.1.8
  1トンハーフトラック&37mmPAK(制作完了🚩 2022.12.11
  ⇒T34/76チェリアビンスク(制作途中/戦車長ヘッドギア塗装 2022.9.25更新
  ⇒SU76-M(制作途中/砲手、ローダーのヘッドギア塗装段階 2022.9.18更新 
  T34/85(制作完了🚩
★FC2ブログランキングに登録しています!★ 
気に入りましたらクリックしてください!
  ↓↓    ★これからも地道に制作を進めます。気長にご覧いただければ嬉しいです
             ★★★ブログ閲覧者数が「4200」を超えました!ありがとうございます!!★★★

1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350         制作その3(ヘッドランプ&車体貼り合わせ)

1/35 ドイツ軍用バイク DKW NZ350(タミヤ)
01 /28 2024
パイピングを行う前に車体を貼り合わせるのですが、貼り合わせる前にヘッドランプのディテールアップを施します。キットではヘッドランプをそのまま接着するのですが、実物は丸いU字状のステイでヘッドランプを支えています。せっかくなのでそれっぽく再現することにしました。
【キットの状態】
IMG_0013_(2)_convert_20230414181904.jpg
【ディテールアップ】
まずは、ヘッドランプを支えるU字状のステイを作ります。本当は丸みを帯びているのですが、丸いと加工が面倒なのでプラバンで板状にしてしまいました。
IMG_0015_(2)_convert_20230414181916.jpg
ステイをヘッドランプに取り付けます。
IMG_0016_(2)_convert_20230414181928.jpgIMG_0017_(2)_convert_20230414181940.jpg
留め具を伸ばしランナーで再現して完成です。
IMG_0018_(2)_convert_20230414181951.jpg
★ヘッドランプはパイピングが終了した最終段階で取り付けます。
【車体の貼り合わせ】
フロントを挟み込む感じで車体を貼り合わせます。
フューエルタンクに接着跡が残るのでパテをもって後から整形します。
IMG_0019_(2)_convert_20230414182003.jpg
【次回の制作工程は・・・】
さらにハンドル周りへと制作を進めます。「一月は行く」とはよく言ったものですね。来週はもう2月です。寒さはこれからが本番ですが日が少しずつ伸びてきました。それだけでうれしくなる北海道です。
【今までの1/35ドイツ DKW NZ350(タミヤ)の製作記事はこちら】
【過去の製作記事一覧はこちら】
      1/35 DKW NZ350(タミヤ)制作途中/フューエルコック他 2024.1.21更新
  ⇒新年夢想(2024年 2024.1.1更新
  ⇒1/35 マーダーⅢH型(イタレリ)(制作途中/スプロケッド&リア 2023.12.17更新
  ⇒タイガーⅠ型後期型(制作途中/フィギュア 戦車兵塗装完了 2023.8.27更新
      クーゲルブリッツ(制作途中/車体完成段階 2023.1.15更新
  1/35キングタイガー(タミヤ(制作完了🚩 2023.1.15)
  ヤークトティーガー(制作完了🚩 2023.1.8
  1トンハーフトラック&37mmPAK(制作完了🚩 2022.12.11
  ⇒T34/76チェリアビンスク(制作途中/戦車長ヘッドギア塗装 2022.9.25更新
  ⇒SU76-M(制作途中/砲手、ローダーのヘッドギア塗装段階 2022.9.18更新 
  T34/85(制作完了🚩
★FC2ブログランキングに登録しています!★ 
気に入りましたらクリックしてください!
  ↓↓    ★これからも地道に制作を進めます。気長にご覧いただければ嬉しいです

afvbuilder2021

タミヤMM草創期に小学生時代を過ごし、それ以来、出戻りを繰り返しながらAFV模型を製作してきました。気が付くと押し入れの中は、製作途中の未完成作品や未塗装作品、未組立のキットが山積み状態に。コロナ禍のステイホームで製作スピードが一機にアップ。これを機に、全作品完成を決意。ブログも2021年1月に立ち上げました。これから少しでも、作品が日の目を見ることができるように、牛歩のごとく一台一台、作り上げていきたいと思います。