タイガーⅠ型後期型 制作その11       (フィギュア組立その4 ヘッド修正&パテ盛)

タイガーⅠ型後期型
02 /28 2021
各パーツの接合分の凹凸や隙間を調整するためにパテを盛っていきます。また、ヘッドをよく見ると将校や無線手、ドライバーの耳の部分が彫がなくのっぺりしているので、デザインナイフで耳らしく修正します。ひたすら地味な作業ですが、ほじほじしているこの時間は結構自分は好きです。作業は両手でヘッドをもってデザインナイフの刃を立ててとにかく少しずつほじほじです!こんな感じで進めます。ちなみにほじほじ前の将校の耳はこんな感じです。
IMG_2002_(2)_convert_20210210195428.jpg
【将校の耳とあごのライン】
 将校の耳は両耳とものっぺりしているでの、両方ほじほじです。デザインナイフで彫ると写真のように彫った跡が残りますが、流し込み用接着剤でなでなでするとそれらしく毛羽立ちが消えます。また、下膨れ気味だったあごのラインもナイフでそぎ落とし少しスマートにしました。ここも流し込み用接着剤でなでであげると肌もすべすべになります。左側の写真がほじほじした状態。右側写真が接着剤でなでなでした状態です。
IMG_2015_(2)_convert_20210210200756.jpg   IMG_2055_(2)_convert_20210210200808.jpg 
IMG_2003_(2)_convert_20210210200821.jpg IMG_2056_(2)_convert_20210210200831.jpg
 【ドライバーの耳】
 ドライバーの耳も両耳とも修正します。こんな感じにしあがりました。左側の写真がほじほじした状態。右側写真が接着剤でなでなでした状態です。
IMG_2008_(2)_convert_20210209213728.jpg IMG_2057_(2)_convert_20210209213743.jpg
IMG_2009_(2)_convert_20210209213755.jpg IMG_2058_(2)_convert_20210209213805.jpg
【無線手の耳】
 無線手は片耳だけでの修正です。こんな感じにしあがりました。左側の写真がほじほじした状態。右側写真が接着剤でなでなでした状態です。右側の写真は焦点があってなくてぼけてしまいました。ご容赦ください。
IMG_2014_(2)_convert_20210210201152.jpg IMG_2054_(2)_convert_20210210201203.jpg
【ドライバーのパテ盛り】
 ドライバー自身はさほどポーズ変更していないのでパテ盛りもあっさりです。右手はタバコをもつ手の形からそのまま車体に置く手の形に変更しています。袖口も手の角度に合わせてに平らになるように凸のしわは削り取ってならしています。銅線はヘッド取付用です。長さはあとで調整します。
IMG_2038_(2)_convert_20210210212622.jpg IMG_2039_(2)_convert_20210210212634.jpg
【無線手のパテ盛り】
無線手は砲塔前面防御盾に手を乗せているので角度を調整したので隙間や凹凸があるので、それなりパテを盛ります。
 IMG_2033_(3)_convert_20210210212559.jpg IMG_2036_(2)_convert_20210210212610.jpg
【装填手のパテ盛り】
 さほどパテは盛りませんが上半身と下半身の接合部分に隙間がないようパテを盛りました。銅線は指していませんが、銅線用の穴をあけておきます。
IMG_2041_(2)_convert_20210210212645.jpg IMG_2042_(2)_convert_20210210213000.jpg
【戦車長のパテ盛り】
 左手をハッチに合うように角度を決めたて接着します。肩と腕の隙間にパテを盛りました。銅線は指していませんが、銅線用の穴をあけておきます。このままだとキョンシーみたいで少し変ですが、ヘッドをつけてキューポラにおさまると不思議と様になるから不思議ですね。腰から下は見えなくなるので特に何もしません。
 IMG_2045_(2)_convert_20210210212713.jpg IMG_2046_(2)_convert_20210210212725.jpg
【将校のパテ盛り】
 腕の接合部分はさほどパテ盛りをしませんが、ブーツとズボンの接合部分の隙間とズボンのしわのラインが自然になるようにパテを盛ってズボンの形を整えます。 
IMG_2059_(2)_convert_20210210212736.jpg IMG_2061_(2)_convert_20210210212748.jpg
以上パテ盛りをするとこんな感じになりました。5人そろってなかなかポーズが決まっています。
ヘッドの取り付けは、パテを盛った胴体部分をこれから整形しやすりがけをした後になるので、まだまだ先になります。
IMG_2048_(2)_convert_20210210211904.jpg
【次回の製作工程は・・・】
ヘッドの修正とパテ盛りが終わったので、整形とやすりがけを行いパテ塗りをし、フィギュアのヘッドを角度を調整しながら取り付けます。

【次回の製作工程】

 タイガーⅠ型後期型 製作その12(フィギュア組立 その5 整形・パテ塗り&ヘッド角調整)
【今までのタイガーⅠ型後期型の製作記事はこちら】
 ⇒製作その7(車体組み立て完成)

【過去の製作記事一覧はこちら】(今はタイガーⅠ型しかありませんが・・・)
★FC2ブログランキングに登録しました!★
  ↓↓ 気に入りましたらクリックしてください!応援よろしくお願いします!


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

afvbuilder2021

タミヤMM創成期に小学生時代を過ごし、それ以来、出戻りを繰り返しながらAFV模型を製作してきました。気が付くと押し入れの中は、製作途中の未完成作品や未塗装作品、未組立のキットが山積み状態に。コロナ禍のステイホームで製作スピードが一機にアップ。これを機に、全作品完成を決意。ブログも2021年1月に立ち上げました。これから少しでも、作品が日の目を見ることができるように、牛歩のごとく一台一台、作り上げていきたいと思います。